10. ケチな男

Stingy Guy

英語で小噺

​English Rakugo Short Stories

by 鹿鳴家 英楽  (Kanariya Eiraku)

450-20140323151856193189_edited.jpg

​和訳

あるケチな男が鰻屋さんの前に立っていました。 鰻の匂いを嗅ぎながらご飯を食べています。 店主は男のケチさが鼻もちならず、勘定書を渡しました。

 

S:  800円になります。

C:  そちらの鰻を食べていませんが。

S:  ええ、でも匂いで鰻を食べた気になったでしょう。 それに対して支払ってくだ

     さい。

C:  そうですか。そういうことなら、コインの音を聞いてください。それでお金を

     もらった気になってください。  「チャリンチャリン」

450-20140323151856193189_edited.jpg

Script

A stingy guy was standing in front of an eel restaurant.

He was eating rice while smelling the broiling eels.

The shopkeeper didn’t like his stinginess and gave him a bill.

 

S: That’s 800 yen, sir.

C: I didn’t eat your eel.

S: No, but the smell gave you the feeling of eating an eel. You should pay for it.

C:   I see. If such is the case, listen to the sound of the coins and think you have taken 

  the money. ‘Clink, clink.’

450-20140323151856193189_edited.jpg

ポイント

stingy     ケチな(形容詞)

eel       うなぎ

broil       (直火で)焼く

stinginess   ケチ(名詞)

bill       請求書

 

ケチもよく小噺の対象になります。 最後は仕草落ちです。