top of page
TOP
IMG_2406_edited_edited_edited_edited.jpg

NEWS
お知らせ

Home 〉お知らせ

​新着情報

紙切りの名人、林家正楽逝く

林家正楽さんが1月21日に亡くなった。二日前の19日まで、寄席に出演していたという。正楽さんはいつも、「相合傘」から切り始める。一分もかからない。切ると、欲しい方どうぞ、と惜しみなく観客にお土産としてあげちゃう。数点切った後、聴衆からお題をもらう。春なら花見、夏なら花火、秋ならサンマ、冬なら大晦日、お節料理、などお題はさまざまだが、それは切れません、とは絶対に言わない。紙を切っているとき、正楽さんはいつも体を動かしながら切る。なぜか。そうしないと「暗くなります」と、実際、体を動かさないといかに雰囲気が暗くなるかを見せていた。寄席芸人の中で、ものをお客さんにあげるのは、紙切りだけだ。だからこそ、紙切り芸人の作品は、寄席の最高のお土産であり、宝なのだ。正楽さん、ゆっくりお休みください。

IMG_2913.jpg

2024年1月29日

Paper-cutting artist, Hayshiya Shoraku, passed away

Paper-cutting master Hayashiya Shoraku passed away on Jan 21 at age 76. He was on stage until Jan 19, only two days before he died. He usually started with cutting Aiai-gasa, a couple standing under the same umbrella. And he gave it to an audience member who wanted it. After cutting several pieces, he asked the audience to request what they wanted him to cut. There was a variety of requests from the audience, but he never said, “I can’t cut it.” While he was cutting the paper, he always swayed his body back and forth and explained why he did it. He said if he didn’t move his body and stayed still, it would create a dart atmosphere. Saying so, he stopped moving his body and proved how dark the atmosphere would be. It is only the paper-cutting artist who gives something to the audience at Yose theaters; thus, his craft is the best souvenir and treasure for the audience. Rest in peace, Shoraku-san.

IMG_2913.jpg

2024年1月28日

「江戸のおもちゃ絵」展

昨年の12月から今年の1月にかけて、墨田区にあるたばこと塩の博物館で、「江戸のおもちゃ絵」という展示がありました。法政大学の教員だったアン・へリング(1938-2021)というアメリカ人が生涯をかけて収集した、江戸から明治にかけての子供を対象とした浮世絵コレクションです。桃太郎など、日本の昔話に関する絵や、江戸時代に流行した猫の絵など、膨大なコレクションで、江戸の人たちがどんなことに関心を持っていたかがわかります。今また、日本は猫ブーム。現代と江戸、何か共通点があるのかもしれません。
https://artexhibition.jp/exhibitions/20231117-AEJ1702570/

IMG_2913.jpg

2024年1月28日

Woodblock Prints for Children at Tobacco and Salt Museum

The special exhibition titled “Woodblock Prints for Children” was held from Dec 2013 to Jan this year at Tobacco and Salt Museum. It is a part of the collection of Prof. Ann Herring (Professor Emeritus of Hosei University), who is famous for her collection of omocha-e or toy pictures from the Edo to Meiji periods. The collection includes the pictures about Japanese folk tales such as Peach Boy, and a variety of pictures about cats. Her wide and vast collection gives us some idea about how people in the Edo era lived and what kind of interest they had in their daily life.
https://www.tabashio.jp/en/index.html

IMG_2913.jpg

​英語落語の本

by Kristine Ohkubo
by 鹿鳴家英楽

rakugo books.jpg

Eiraku's 100 English Rakugo Scripts Vol. 2

鹿鳴家英楽による英語落語百席の第2巻。第1巻と同様、35席を収録しているが、オマケとして艶噺を6席掲載している。数年後に第3巻を出版し、計100席を収録する予定。

rakugo 1.jpg

Eiraku's 100 English Rakugo Scripts Vol. 1

鹿鳴家英楽による英語落語百席の第1巻で、滑稽話、人情噺など、併せて35席を収録している。今後、第2,3巻を順次出版し、全3巻で100席を収録する予定。

rakugo 1.jpg

Talking about Rakugo 2

現在の落語家に焦点を当てながら、落語家の世界を解説しています。また、桂福龍、桂歌蔵、ステファン・ファランデス、鹿鳴家幸楽、鹿鳴家彩紋、鹿鳴家うさぎ、へのインタビュー、及び、英語落語の台本8本を掲載しています。

rakugo 1.jpg

Talking about Rakugo 1

昔の落語家に焦点を当てながら、落語の歴史を包括的に解説しています。また、桂三輝、三遊亭好青年、立川志の春、柳家東三楼、鹿鳴家英楽、鹿鳴家英志、鹿鳴家一輪、へのインタビュー、及び、英語落語の台本16本を掲載しています。

rakugo 1.jpg

​イベント情報はこちら

EVENTS

演・セミナーのご依頼
お問い合わせはこちら

CONTACT

去の海外公演情報はこちら

OVERSEAS

  • instagram
  • Facebook
  • YouTube

instagram

Facebook

YouTube

bottom of page