49. 受験生の願い

Wish of a High School Boy

英語で小噺

​English Rakugo Short Stories

by 鹿鳴家 英楽  (Kanariya Eiraku)

450-20140323151856193189_edited.jpg

​和訳

ある高校生が、有名大学に入学するため一生懸命勉学に励んでいた。
ある日、夢に神様が現れた。

神様:   君はとてもよく勉強しているから、望みを一つ叶えてやろう。

その少年は、世界地図を神に見せた。
少年:   戦争や憎悪のない世界を望みます。
神様:   いや、それはかなり難しい。 もっと個人的なものにしてくれないか。
少年:   ええと、では、ハーバード大学かケンブリッジ大学に入りたいんです。
神様:   ううむ、そうか。もう一度、世界地図を見せてもらえないかね?

450-20140323151856193189_edited.jpg

Script

A high school boy was studying very hard to enter a prestigious university.
One day God appeared in his dream.

G:    You are studying very hard. So I will realize one of your wishes.

The boy showed a world map to God.


B:    I want a world with no war and with no hatred.
G:    Oh, that’s very difficult. Please give me something more personal.
B:    Well, then I would like to enter either Harvard or Cambridge.
G:    Well, let’s see.
       Would you please show me the world map again?

450-20140323151856193189_edited.jpg

ポイント

prestigious         一流の、名声の高い、名詞はprestige
realize           実現させる
hatred           憎しみ
Something more personal   もっと個人的なもの。
              通常、形容詞は名詞の前につけますが something, anything,

              nothingは 例外で、後ろに形容詞を持ってきます。
ether A or B          AかBか、の意味。
Would you~                       ~していただけませか、とお願いをするときの表現。
 

神様も万能ではない、ということですね。