65. 国際音声記号

The International Phonetic Code

英語で小噺

​English Rakugo Short Stories

by 鹿鳴家 英楽  (Kanariya Eiraku)

450-20140323151856193189_edited.jpg

​和訳

単語のスペリングをはっきりさせたい場合、私たちは国際音声記号を使います。
たとえばGならGermany、UならUnion、NならNew Yorkという風に。

ある日、ギャングがレストランに入り、銃を忘れたことに気がつきました。男は携帯電話を取り出して仲間に電話をしました。

ギャング:   もしもし、銃を忘れたんだ

仲間:         何だって?よく聞こえない

ギャング:   俺の銃を持ってきてくれ

仲間:         まだよく聞えない

ギャング:   よく聞きな。銃が欲しいんだ。JusticeのG、EuropeのU、それから   

                pneumoniaのN

450-20140323151856193189_edited.jpg

Script

When we would like to make clear the spelling of words, we use the international phonetic code.
For example, G for Germany, U for union, and N for New York.

One day, a gangster went into a restaurant and he noticed he forgot to bring his gun. He took out his cell phone and called his mate.

Gang:  Hi, I forgot to bring my gun.

Mate:   I can’t hear you very well.

Gang:   I forgot to bring my gun.

Mate:    I still can’t hear.

Gang:    Well, listen, buddy, G for justice, U for Europe and N for                         pneumonia.

450-20140323151856193189_edited.jpg

ポイント

pneumonia              肺炎


ギャングが単語のスペリングを知らないという話。これではGUNでなく、JEPになってしまう。

国際音声記号(通話表)は欧文版だけでなく和文版もあり、どちらも以下のウィキペディアのサイトで確認できます。

リンク:通話表 Wikipedia